歯と口の基礎知識

歯を強くしてくれる食品ってありますか?

歯を強くしてくれる食品ってありますか?

砂糖や酸性の食べ物は歯に悪いことは、既にご存知かもしれません。では、どの食品がお口の健康に良い働きをしてくれ、どれが歯の強化に役立つかはご存じでしょうか?以下でご説明します。

歯に良いとされる様々な食べ物

歯を強くするためには、好き嫌いをしないで何でも食べることが大切です。色々な食材の中でも、特に歯に良い作用がある食べ物をご紹介します。

チーズ

チーズ

チーズは、お口の中をアルカリ性に変化させてくれる効果があります。酸性に傾きがちなお口の中のpHレベルのバランスをとり、虫歯のリスクを下げるのに役立ちます。

チーズにはカルシウムとタンパク質が含まれているため、歯のエナメル質を強化するのにも役立ちます。

ヨーグルト

ヨーグルト

チーズと同じように、ヨーグルトにはカルシウムとタンパク質が含まれているため、歯のエナメル質を強化するのに役立ちます。

ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌は、人間の腸に存在する善玉菌で、お口の中にも存在していて口腔内の環境を整えてくれます。乳酸菌には抗菌作用がありますので、お口の中のむし歯菌や歯周病菌を減少させる働きがあり、むし歯や歯周病予防に役立ちます。

ただし、フレーバーヨーグルトには、砂糖が大量に含まれている可能性があるため、おすすめできません。

葉物野菜

葉物野菜

ほうれん草、小松菜などの葉物野菜は一般的に健康に良いといわれますが、それだけではなく、歯を強化するのにも役立ちます。

葉物野菜はビタミンとカルシウムを豊富に含んでおり、歯のエナメル質を強化するのに役立ちます。また、歯周病の予防に役立つ葉酸(ビタミンB群の一種)も豊富に含まれています。

葉物野菜特有の苦みが嫌いな方は、味が気に入らない場合は、フルーツのスムージーに野菜を少し足してみてください。

リンゴ

リンゴ

リンゴには大量の水分と繊維が含まれており、歯のエナメル質を強化してくれるビタミンAが豊富に含まれています。リンゴを食べるとお口の中に唾液が出て、細菌が洗い流されます。さらに、リンゴを噛むときの食感は歯茎を刺激するのにも役立ちます。

にんじん

にんじん

にんじんもまた、歯のエナメル質を強化するビタミンAを豊富に含んでいます。繊維質が多い野菜は、噛むことで唾液の分泌を増やし、虫歯のリスクを減らすのに役立ちます。

セロリ

セロリ

セロリもリンゴやニンジンと同様に繊維質が豊富な食材です。セロリをよく噛むことで歯に付いた歯垢をこすり落とし、唾液をたくさん出して細菌を洗い流ます。

セロリには、歯茎の健康を改善するのに役立つ抗酸化物質であるビタミンAとCも大量に含まれています。

まとめ

様々な野菜

これらの食品を食事に加えると、自然に歯を強化してくれ、
お口の中の環境を良くするだけでなく、全身の健康状態を改善するのに役立ちます。
この他にもビタミンやミネラルを豊富に含んでいて、中性からアルカリ性の食べ物がおすすめです。

梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック