歯と口のトラブル

口が開きにくいのは顎関節症ですか?

口が開きにくいのは顎関節症ですか?

顎関節症でお悩みの方が多くいらっしゃいます。そのため、硬い食べ物が噛めない、大きな食べ物が食べにくい、また、あごの音が煩わしいなどの症状が現れることがあります。顎関節症とはどんな症状なのか、どのようなことに気をつければよいのかをご説明します。

顎関節症とは?

顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋の痛みや障害に対する呼び名です。顎関節が痛い、口が大きく開けられない、顎関節の雑音などの症状のうち少なくとも一つ以上がある場合に顎関節症と診断されます。

顎関節は物を食べたり話したりするときの口の開け閉めをするための関節で、上顎は頭蓋骨と一体になっているため動くことはなく、下顎のみが動きます。

顎関節は下顎骨と側頭骨と呼ばれる二つの骨と、その間にある関節円板という軟組織から成り立っており、顎関節症の痛みは関節円板のズレが起こしているといわれます。

しかし顎関節症の直接的な原因は解明されておらず、日中や夜間の歯の食いしばりや精神的なストレスが関係しているともいわれています。

顎関節症の主な症状は?

顎関節症の主な症状

顎関節症の症状は下記の3つが代表的なものです。

  1. あごに痛みがある(顎関節痛・咀嚼筋痛)
  2. 口が大きく開けられない(開口障害)
  3. 口を開け閉めした時に顎関節から音がする(顎関節雑音)

1.あごに痛みがある(顎関節痛・咀嚼筋痛)

物を食べる時にあごが痛むなど、あごを動かした時に痛むのが特徴。顎関節以外にも、頬やこめかみなどの周辺に痛みがおよぶ。

2.口が大きく開けられない(開口障害)

口を開けたときには通常縦に指が3本入る(人差し指、中指、薬指を揃えて縦にして口に入る)と言われるが、顎関節症になると2本以下しか入らない場合がある。あごを動かすと痛むので、口を開けるのを避けたり、あるいは口を開けること自体が少ししかできない場合がある。

3.口を開けると音がする(関節雑音)

あごを動かしたときに、耳周辺から「カクカク」「ジャリジャリ」「ミシミシ」など
関節や骨がこすり合わさるような音がする。

4.かみ合わせに違和感がある

あごの痛みや不快感を避けようと、あごの動かし方を変えたことにより、更に噛み合わせや歯並びが狂う。

5.全身に悪影響を与える

頭痛、目まい、耳鳴り、難聴、口腔内の乾燥、首や肩の痛みなどが起こる。それらの不快感は全体に広がり生活などに支障が出る。

顎関節症の原因は複数あると考えられる

顎関節症の原因ははっきりとわかっておらず、噛み合わせの悪さやストレス、歯ぎしりや食いしばり等が原因ではないかといわれてきました。

現在では、顎関節症を引き起こす原因は一つだけでなく様々な因子が関係していると考えられるため、それらのいくつかが重なって顎関節症が発症することがわかってきました。

顎関節症の治療について

顎関節症の原因が一つでないとすれば、顎関節症の治療は多岐にわたり、治りにくいのではとご心配になる方もおられるでしょうが、そのまま何もせずに様子を見ても、約7割の方は自然に症状が軽減します。

しかし痛みが続き、お口を大きく開けられない方には、顎関節症専門の外来を持つ病院で顎関節の動きを訓練によって改善する理学療法などが行われます。顎関節症の症状が深刻な場合は外科療法が行われる場合もあります。

まとめ

顎関節症

顎関節症ははっきりとした原因がわかっていないため、癖や噛み合わせ、歯ぎしり、生活習慣などの様々な要因が複数合わさって起こるとされています。自然に治る方が多い一方で、なかなか症状が緩和されない方は対症療法を続けていく必要があります。痛みや違和感が悪化したと感じた場合は一度歯科医院にご相談ください。

梅田茶屋町クローバー歯科

電話オンライン初診予約