矯正歯科

大人の歯列矯正って難しいの?

大人の歯列矯正って難しいの?

最近では大人の矯正患者さんが増えています。矯正治療は子どもの間に行うことが良いとされていますが、では大人になってからの矯正は難しいのでしょうか?大人の矯正で不正咬合は治るのか、ご説明します。

大人の矯正を始めるタイミングって?

ライフステージ

大人の歯列矯正は子どもの矯正と違って、時間やお金という条件が整って、気持ちが前向きになったタイミングで始めるのがベストです。

しかし忙しい毎日の中で矯正を始めるには、かなりの決心が要るようです。実際に矯正治療をされている患者さんに動機を伺うと、結婚や就職活動など、確かな目的をもったタイミングで矯正を始められる方が多いです。

中には、虫歯治療など別の目的で通院しておられた方が、「せっかくだから歯並びもきれいにしたい」と矯正を始めるケースもあります。

矯正を始めるのにベストな年齢は?

矯正治療を始めるにあたって、ベストな年齢が何才かというと、7才前後ということになります。年齢制限があるという意味ではなく、子供や若い方の方が骨が柔らかいため、歯が動きやすく、歯が動く時の痛みも少ないのです。

シニアの方も大勢矯正をしておられますので、若くないと歯が動かないということはないのですが、若い方に比べると明らかに動きにくいです。そして、矯正治療をするには全ての歯が健康であることが条件としてあげられますので、その点でもお子さんや若い方の方が有利になります。

もし歯が抜けた部分があったり、インプラントをしていたりすると、その部分を考慮して歯を動かしていかなくてはならないため、矯正治療そのものの難度が少し上がります。更に、歯周病、顎関節症、歯の根の病気などがある方は、矯正治療の前にそれらを治さなければなりません。

しかし、実際に矯正治療をされている大人の方は多くおられますし、「遅すぎる」ということは決してありませんのでご安心下さいね。

大人の矯正の治療期間は?

大人の矯正治療にかかる期間は、小児の場合と比べると圧倒的に短いです。それは、小児矯正では顎の骨の正常な発育と永久歯が正しい位置に生え揃うことを目的とするのに対して、大人は永久歯が生えそろっているからです。

大人の全体矯正の治療期間

大人の方の矯正治療期間は平均すると2年~3年程度です。抜歯をするかしないかで、歯を動かす距離が変わりますので、治療期間にも違いが出ます。抜歯をしないケースの方が治療期間は短いです。

大人の部分矯正の治療期間

部分矯正は前歯6本程度だけを動かしますので、全体矯正と比べると治療期間は短く、長くても半年程度で治療を終えることが出来ます。

ただ、歯の重なり具合などの不正咬合の程度によっては長くかかる場合もありますし、歯の重なりが強かったり、噛み合わせに問題があったりして、部分矯正が適用できない、つまり全体矯正でないと治療できない方もおられます。

大人の矯正は難しいの?

成人された方は、既に歯を削って詰めていたり、神経を抜いていたり、虫歯などで歯を失っていたりと、様々な治療の痕がおありだと思います。特にインプラントの歯は動かせませんので、それを考慮して矯正治療を行うのは、お子さんの矯正と比べると確かに難しいともいえます。

しかし、多くの大人の患者さんが矯正治療を受けておられますので、ご安心ください。ただ、虫歯や歯周病など、矯正治療の前に治療が必要な部分が見つかったときに、矯正も含めて総合的に治療できるクリニックであれば、歯科医師と歯科衛生士が連携して矯正治療の前に歯肉炎の治療にあたることも出来ますし、抜歯が必要な場合はその処置も同じクリニックで可能です。

一つの医院で治療が全て出来るというメリットは、実はとても大きいです。総合的な治療をしているクリニックであれば、矯正担当医だけでなく、口腔外科専門の歯科医師や歯周病治療が専門の歯科衛生士なども在籍していますので、今後の歯の総合的なケアという意味では、おすすめです。

まとめ

大人の矯正

大人の矯正はご自身のベストなタイミングで始められるというメリットがある一方で、若い方よりも歯が動きにくかったり、インプラントは動かせなかったり、様々な制約があります。

しかし矯正治療そのものは可能ですので、担当医とよく相談しながら治療計画をたてて矯正治療を進めていけば、きれいな歯並びを手に入れることが出来ます。

梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック