虫歯

前歯の裏側は虫歯になりやすい?

前歯の裏側は虫歯になりやすい?

虫歯は主に奥歯に出来るものと思っておられませんか?確かに奥歯は前歯に比べると虫歯になるリスクが高いのですが、前歯の側面や裏側も虫歯になりやすい部分ですので歯磨きのときに気をつけなければいけません。前歯の虫歯についてご説明します。

前歯が虫歯になりやすい理由

前歯が虫歯になってしまう理由がいくつかありますのでご説明します。

1.前歯は以外と磨き残しが多い

歯型とタフトブラシ

前歯はとても目立つのですが、歯磨きの時には奥歯から磨き始める方が殆どですので、前歯、特に裏側は意外と盲点になっており、磨き残しが多い場所です。

また、前歯の裏側は普通の鏡では見ることができませんので、汚れが残っていても気付きにくく、少しずつ歯垢が蓄積していき、その中で虫歯菌が増殖して虫歯を作ってしまいます。

2.前歯の歯並びが悪い

前歯が隣の歯と重なったり、斜めにねじれて生えていたりしませんか?歯の重なりや隙間はていねいにブラッシングしても歯垢がたまりやすく、歯ブラシの毛先が届きにくい場所です。

歯垢(プラーク)の中には虫歯菌がたくさんいますので、歯並びが悪いことは虫歯になりやすいリスクが高いといえます。

3.上の前歯は下の前歯と比べて乾燥している

前歯の裏側は唾液でいつも潤っている印象があると思いますが、実は上の前歯は下の前歯ほどは潤っておらず、乾燥しがちです。

唾液には様々な作用があり、汚れを洗い流してくれたり、抗菌作用があったりします。唾液の働きの中でも大切なのが、再石灰化です。お口の中の酸性に傾くと歯のエナメル質からミネラルが唾液中に溶け出してしまいますが(脱灰)、唾液中のミネラルを再び歯に取り込む作用が再石灰化です。

唾液の再石灰化作用によって初期の虫歯は自然に修復されますが、唾液が少ないと再石灰化が起こりませんので、虫歯になってしまいます。

前歯が虫歯になった時の治療法

前歯は目立つため、どのような治療になるのか心配になると思います。虫歯は削らなければなりませんが、削った部分の大きさによって詰め物にするか、被せ物にするかが決まります。前歯の虫歯の治療法についてご説明します。

小さな虫歯はレジンで詰める

虫歯のレジン充填

小さな虫歯であれば、虫歯の部分を削ってレジンと呼ばれる歯科用プラスチックを削った部分に詰めて、光で硬化させます。

左右の犬歯の間にある6本の歯を小さく削ってレジンで治療した場合は保険が適用されます。歯型を取る必要がありませんので、手早く治療が可能です。しかしレジンは汚れがつきやすく、着色して茶色っぽくなりやすいため、数ヶ月に一度は歯科医院での歯のクリーニングが必要になります。

中くらいの虫歯はレジンでボンディング

中くらいの虫歯になると、レジンを直接歯に持って成形していく治療となり、この場合は自費診療になります。

大きな虫歯はセラミッククラウン

セラミッククラウン

虫歯が大きくなってしまって痛みが出ている場合は、神経を取るための抜随と呼ばれる治療が必要になります。神経の治療をしたあと、歯型を取ってセラミッククラウンを被せます。

セラミックは自費診療で高額ですが、隣の歯とほぼ同じ色で作ることが出来、天然歯と見分けがつかないくらいきれいな前歯が入ります。セラミックの歯が出来るまでの間は仮歯を入れますので、歯がない期間というのはありません。

神経の治療と型取りが必要になりますので、通院回数が5~8回くらい必要になります。歯肉炎にかかっている場合は、歯のクリーニング(歯垢・歯石取り)などの歯肉炎の治療を平行して行います。

まとめ

女性

前歯が虫歯になって欠けたり穴があいたりすると目立ってしまいますので、なるべく早い治療が必要になります。前歯の裏側から虫歯になった場合は、初期虫歯では表側から見てもわかりませんが、虫歯が進行していくと歯が黒く見えるようになります。

虫歯が重度になると治療に長い期間と費用がかかってしまいますので、なるべく早めに受診されるか、または数ヶ月に一度の定期健診を受けて初期虫歯のうちに発見できるようにしましょう。

梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック