インプラント

インプラントはどれくらいもちますか?

インプラント模型

インプラントはどれくらいもつのでしょう?、半永久的にもつものなのか、それとも入れ歯などのように作り直しが必要なのかと疑問を持つ方も多いと思います。インプラントは他の歯科治療に比べてお金がかかるので、どのくらい持つのか気になるのは当然のことだと思います。

インプラントの平均寿命は何年?

インプラント(人工歯根)はチタンで作られているため、インプラントそのものの寿命は半永久的と言えます。しかし人間の歯として半永久的に安定して噛めるわけではありません。

インプラントの平均寿命は、「10~15年くらい」だとも言われています。ただし、インプラントを埋入した部位や条件によっても異なりますので、すべての方のインプラント寿命が10年以上になるわけではありませんし、逆に20年以上問題なく使い続けている方もおられます。しかしメンテナンスなどのお手入れを怠ると、インプラントの寿命は短くなる可能性があります。

入れ歯の寿命は平均5年、ブリッジは平均8~9年といわれていますので、入れ歯やブリッジと比較してもインプラントの方が長持ちするといえます。

 

インプラントの寿命に影響する要因は?

1予防メンテナンスをしっかり行っているか?

歯周病は歯の周りの歯槽骨を溶かしていく病気です。実はインプラントの周囲の歯肉や骨も歯周病になるのです。インプラントが歯周病になることをインプラント周囲炎といいます。

歯周病菌から歯周組織を守ることがインプラントだけではなく天然歯も守ることに繋がります。インプラント周囲炎の予防のためには、毎日のセルフケアがとても重要です。同時に、プロによるメンテナンスを受けることも重要です。

歯ブラシでは取れないインプラントと隣の歯の間や、インプラントと歯茎の間の歯垢や汚れをきれいにし、お口の中から歯周病の原因となる細菌を減らします。歯周病のリスクを減らすことで、インプラントは長もちします。

2医療機関や担当医を慎重に選んでいるか?

①設備や設備や設備や機材が充実している

感染予防に力を入れているかが重要なポイントになります。

②信頼できるインプラントメーカーを採用している

世界的にシェアが高く、形状が優れていて、高い強度があり、安全性と信頼性の高いインプラントを使用しているかが重要です。

③担当医に十分な知識と経験がある

インプラントを長もちさせる要因として、手術の担当医に十分な技術があり、インプラントが適切な位置に埋入されているかが重要になってきます。

インプラントの位置が悪いと上部構造の形態や歯周組織にも悪い影響が出ることがあります。

3きちんとした咬み合わせで咬ませているか?

インプラントは、見た目の美しさを追求するだけでなく、咬み合わせのバランスがとても重要です。歯が抜けてしまって前歯だけとか奥歯のみでしか噛めなかった方が、インプラント治療後は口の中全体でバランス良く噛めるようになることによって咬合力がうまく分散され、その結果、他の歯も長持ちします。

天然の歯に大きな負担がかからないように、インプラントの歯でもしっかりと咬ませることが重要です。

4歯ぎしりや食いしばりから守るためのマウスピースを使用しているか?

歯を失う原因の多くは、歯周病と食いしばりや歯ぎしりなどと言われています。歯ぎしりや食いしばりが強い方は、歯を支えている骨に必要以上の負荷をかけてしまいますので、せっかくインプラント治療を行っても、上部構造が欠けたり、インプラントがグラグラしたりといった問題が起こることが考えられます。

そのため、歯ぎしりや噛みしめ、食いしばりが強い方は、ナイトガードと呼ばれるマウスピースを夜間だけつけていただきます。歯ぎしりや食いしばりは無意識に行っていることが多いため、出来る限り上下の歯を離しておいたり、精神的に集中が必要な作業をするときにはマウスピースをつけるなど、なるべく癖を治すように気をつけるようにしましょう。

5全身の健康管理はできているか?

糖尿病や喫煙、骨粗しょう症など、免疫力を低下させ歯周病を悪化させる原因となりますので、全身の健康管理はインプラントの寿命に大きく関わってきます。

インプラントを長持ちさせるポイント

インプラントの手術を受けて一番大事な時期は、埋入直後から3ヶ月になります。この時期の骨とインプラントの結合状態がとても重要になってきます。

骨とチタン製のインプラントがしっかりと結合した部分(面積)が最大になるのは、埋入から3ヶ月のこの時期です。それ以上、結合した部分(面積)が広がることはなく、その後は現状維持を保つか緩やかに減少していきます。

インプラントの生存率が最も低いのは、最初の1年間です。この時期は、特に注意を払って頂きながら乗り越える事が重要です。

インプラントの寿命は上顎と下顎で違う?

顎の骨の密度は、上顎と下顎によってそれぞれ違うために生存率の違いが生じてしまいます。それぞれ比べると、上顎の骨の方が下顎よりも密度が低いのです。

結合には密度も関係していて、ある程度高い方が骨とインプラントが結合しやすくなります。そのため、下顎の生存率が少しだけ高くなります。10~15 年の累積生存率では4~5%程度の違いになります。

インプラントの維持に必要なこと

まずは、毎日の丁寧なセルフケアがとても重要です。歯垢や歯石をためないことが、インプラントの寿命を延ばすだけではなく、口腔内の虫歯や歯周病予防にも効果的です。

また自分で日常的にできるケアの他に、歯科医師による検診と歯科衛生士による歯のクリーニンを定期的に受けていただく事が必要です。

まとめ

インプラントの寿命は、治療の精度や治療後のメンテナンスが大きく影響しています。質の高い治療を受けたとしても、その後のメンテナンスが不十分であれば、インプラントを長持ちさせることはできません。

インプラントを長持ちさせるためには、毎日のセルフケアがとても大切です。しかしそれだけでは完全ではないので、磨き残しはないか、お口の中でトラブルは起きていないかなど、歯科医院での定期健診を受けていただくようおすすめします。

定期健診をすることにより、咬み合わせの調整や歯ぎしりや食いしばりなどの癖はないかなど、インプラントに大きな負担を与えていないかチェックすることができます。定期的なチェックを受け、常に最適な対処を行うことでインプラントの寿命を長持ちさせることができます。