詰め物・被せ物

銀歯を白い歯へやり替えるにはどうすれば良い?

銀歯を白い歯へやり替えるにはどうすれば良い?

まず現状を把握しましょう

銀歯クラウン

昔治療した銀の詰め物や被せ物が気になって、白いものに替えたいというのは、よく頂くご相談の一つです。

銀歯をやり治すべきかどうか迷っている方は、まず現在の詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)がどのような状態なのかを歯科医院で診てもらうことから始めてはいかがでしょうか?

表面的には見えない「歯と歯の間の虫歯」や「詰め物・被せ物の内部や、歯との間に出来た虫歯」の可能性もあります。

目視ではわからない虫歯も、レントゲン撮影で診断出来ますし、詰め物や被せ物が経年劣化で悪くなっていないか、詰め物と歯の間に段差や隙間がないか、歯科医師が様々な角度から診ることで、詰め物や被せ物をやり替える必要があるかどうかわかります。

現状でも特に問題がない場合は、白い詰め物や被せ物に替える際のメリットとデメリットを比べてみて、ご自身で納得のいく結論に達してから治療されても決して遅くはありません。

銀歯は見た目が気になるから嫌だという心理

銀歯でも奥歯ならあまり目立ちませんが、患者さんご本人はその歯を毎日見ていて、「誰も見ていなくても、毎日鏡で見ている自分が嫌なんです」とおっしゃることもあります。

確かに「この歯が白かったらいいのに」と思い続けてストレスになるよりは、白い詰め物・かぶせ物に変えた方が良いのかもしれません。

白い詰め物・かぶせ物の素材は色々ありますので、まず、どんな種類があるのかをご紹介します。

銀歯を白くした方がいい理由

現在、銀歯の詰め物や被せ物をしている方は、以下のような危険があります。

1.銀歯の下は虫歯になりやすい

銀歯は時間とともに金属部分が劣化して銀歯と歯の隙間が虫歯になりやすく、銀歯の中で虫歯が大きく拡がってしまうことがあります。

2.金属アレルギーになりやすい

銀歯は唾液によって金属イオン化し、成分が身体の中に入り込んで蓄積されていきます。そして金属アレルギーはある日突然起こります。金属アレルギーの症状は、歯肉の部分が赤く腫れたり、手足の皮膚がかゆくなったりします。

3.昔に入れた銀歯はアマルガムを使っており有害である

かなり昔に治療をした銀歯はアマルガムという金属を使っており、その金属には身体に有害な水銀が入っています。銀歯が劣化するとアマルガムが溶けだして身体に害を与えます。

4.銀歯は歯茎を黒くする可能性がある

銀歯は唾液によって金属イオン化すると、成分が流れ出して歯茎に浸透し、歯茎が黒くなってくる場合があります。

当院で扱っている白い詰め物・被せ物の材質

材質には、保険適用のコンポジットレジンと自由診療のセラミックなどがあります。それぞれに特徴がありますので、比較してみましょう。

コンポジットレジン(保険適用)

コンポジットレジンは合成樹脂(レジン)とフィラー(中詰め)を組み合わせた修復材料です。世界中で使われおり、長い歴史のある素材で高い安全性が確認されています。

コンポジットレジンのメリット・デメリット

  • 保険適用なので安価な治療ができる
  • セラミックと比べて摩耗しやすい
  • 歯を削る量が金属の詰め物よりも少し多くなる
  • 数年たつと多少着色する可能性がある

セレッククラウン

型取りのあと歯型データを読み取って、セラミックのブロックから専用の機械でデータ通りに歯を削り出します。

セレッククラウンのメリット・デメリット

  • セラミックの中では値段が一番安い
  • 比較的安い費用で白いセラミックの歯が入れられる
  • 色調が限られているため前歯には不向き
  • 強い衝撃を受けると割れる恐れがある
  • 完全に機械で作られるため歯科技工士が手作りした被せ物と比べるとフィット感がやや劣る

オールセラミック

セラミック100%の素材を使い、歯科技工士が一つひとつ手で作ります。

オールセラミックのメリット・デメリット

  • 天然歯に近いうつくしさ
  • 奥歯にも前歯にも使用できる
  • 変色しない
  • 色調はジルコニアセラミックに劣る
  • 強い衝撃を受けると割れる恐れがある
  • 保険外診療なので治療費が高い

ジルコニアセラミック

ジルコニア・セラミックをベースに歯科技工士が表面にセラミックを焼き付け、一つひとつ手で作ります。数年前までは白すぎるという欠点がありましたが、現在では色数が増え、前歯の微妙な色調が出せるため最も審美性が高く、前歯には一番おすすめです。

ジルコニアセラミックのメリット・デメリット

  • 歯科技工士が手で着色を加えるため天然歯の微妙な色調が出せる
  • 奥歯にも前歯にも使用できる
  • 変色しない
  • 強い衝撃を受けると割れる恐れがある
  • 保険外診療なので治療費が高い

ゴールドクラウン

保険で使われている合金に比べると生体との親和性が良いので、金属アレルギーの心配が少ないです。主に奥歯に使用しますが、歯質との適合が良いため補綴物と歯の間の隙間が少なく、虫歯になりにくいです。

ゴールドクラウンのメリット・デメリット

  • 金属なので歯を削る量が他の材質に比べると少ない
  • セラミックよりも柔らかいので対合する歯を傷めない
  • 金属アレルギーの心配が少ない
  • ゴールドなので光って見える
  • 保険外診療なので治療費が高い

歯を全く削らずに銀歯をやり替えることは出来ません

現在歯に入っている詰め物や被せ物を外す際や、新しいものを取り付ける際に、歯を削る必要があります。そのため、現在詰め物をしている方は、今よりも少し大きな詰め物になります。

もし虫歯が見つかった場合には、その部分を削り取らなければなりませんので、今まで詰め物だった方が、新しい修復物はかぶせ物になったり、また、虫歯が大きい場合は神経を取る処置が必要になりますので、ご承知おきください。

虫歯が見つかった場合は、いずれにしましても早めに治療をした方が、虫歯が大きくなるのを防ぐことが出来ます。

気になる治療費はいくら?

保険診療の被せ物と比べて自由診療が優れている点は、以上のご説明からおわかりいただけたと思います。しかし、一番の問題はやはり自由診療は費用が高いということでしょう。費用の問題さえ解決できれば、セラミックなどの自由診療のクラウンをお選びになると思います。

少しでもお支払いがしやすい方法として、当院では分割払い(20回までの分割なら金利手数料がかかりません)やデンタルローンがご利用できます。クレジットカードでのお支払いも可能です。

詳しくは当院の料金表のページをご覧ください。

まとめ

白い歯

銀歯を白い歯に作り変える場合に、どんな材質があるのかについてご説明しました。それぞれの材質にメリットとデメリットがあり、価格も違いますので、材料の特性を知ったうえで、どれを選ぶか決めましょう。

梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック