歯と口のトラブル

口臭が気になるけどどうしたらいいの?

口臭が気になるけどどうしたらいいの?

口臭を気にして悩んでいる方は多いのではないでしょうか。口臭は原因によって対処の仕方が違います。原因別の対策方法をご説明します。

口臭にはどんな種類があるの?

口から悪臭が出ることを口臭といいます。口臭はその原因によって「生理的口臭」「病的口臭」「外因的口臭」「心因性口臭」の4つに分けられます。

  • 生理的口臭・・・朝起きた時や空腹時、ストレスが大きいときなど、生理的な理由や加齢によっても発生するもの
  • 病的口臭・・・口の中の病気や体の病気によって口臭が起こるもの
  • 外因性口臭・・・ニンニクやネギなどの特徴的な強いにおいのする食品を食べたり、喫煙によって発生するもの
  • 心理的口臭・・・本人は口臭があると思い込んでいるけど、実際にはにおっていないもの

口臭の原因は殆ど口の中にある

歯のケアのイメージ

生理的口臭や病的口臭は8割以上がお口の中に原因があり、歯や歯茎に残った食べかすを細菌が餌として分解する段階で口臭が発生します。お口のケアをていねいに行って清潔に保つことが、お口の中が原因の口臭を防ぐ一番の解決方法となります。

入れ歯を使っておられる方は、入れ歯に臭いがつくことで口臭が起こりやすくなります。毎日入れ歯洗浄剤を使ってきれいに洗い、清潔にしましょう。

舌苔は口臭の原因になりますか?

舌の表面に白い苔のようなものがついていたら、それが舌苔です。健康な人の舌はピンク色ですので、白っぽいと思ったら、舌苔のせいかもしれません。

くれぐれも、歯ブラシで力を入れて擦らないようにしましょう。ブラシで強い刺激を与えると、舌の表面の細胞が傷ついて腫れたり、ヒリヒリ感が続いたります。

舌専用のブラシや舌用のジェルもありますので、舌苔が気になる方はどんな風にケアをしたらいいのか、歯医者での定期健診の際に、歯科衛生士にご相談ください。

唾液が減少して口臭が発生することもある

お口の中は常に唾液によって潤っており、唾液がよく出ているときは唾液が細菌や歯垢を洗い流してくれますので、自浄作用が働いています。しかし唾液が少ないと、お口の中は乾燥気味になって細菌が増殖しやすい環境になってしまいます。

細菌が増えると口臭も増えますので、こまめに水分を摂取して口腔内のうるおいを保ち、唾液が少ない状態にならないようにしましょう。

ニンニクやニラなどによる口臭は時間がたてば消える

ニンニク

前の晩に食べたニンニクの臭いが翌朝まで残って、家族や学校や職場の人に迷惑をかけた経験はありませんか?ニンニクの臭いは、まだニンニクが胃に残っていて、胃から出ていると思っておられるかもしれませんが、実は臭いは主に肺から吐き出されています。

ニンニクやニラなどに含まれている臭いの成分は、まず胃で消化され、血流に乗って身体の中を巡ります。そして肺を経由し、口から強い臭いとして吐き出されます。食べたものが原因の臭いは、時間が経つにつれて薄れて消えていきますが、周囲の人に迷惑をかけるため、気になる場合は洗口液などを使って臭いを消しましょう。

歯周病や虫歯で臭うことがある

歯周病が原因の口臭は、歯周ポケットにたまった歯垢から腐敗臭がする場合と、歯茎にたまった膿が外に出てきて臭う場合があります。虫歯が重症になった時にも口臭が発生する場合があります。

歯周病も虫歯も悪化すると歯を失ってしまいますので、出来るだけ早めに歯科を受診して治療しましょう。治療すると口臭も改善していきます。

全身の病気が原因の口臭の場合

糖尿病

全身疾患の中には特徴のある口臭を放つ病気があります。

たとえば糖尿病の人は、糖をエネルギーに変えることが出来ないため、脂肪を分解してエネルギーにします。脂肪の分解時にはケトン体という物質が必要になり、ケトン体の主成分のアセトンは酸っぱい臭いがあり、これが口臭の原因になります。

また、胃腸の病気の人は消化器の働きが低下しており、消化できなかった食べものが体内で腐敗臭を発生させます。ほかにも呼吸器、鼻疾患などの疾患が原因で発生する口臭があります。

病気の種類によって臭いの特徴は変わりますが、お口の中のケアを徹底するだけでは臭いを消すことは出来ません。そのため、全身疾患をお持ちで口臭に悩んている方は、原因である病気の治療が重要です。

まとめ

気になる口臭

口臭は自分ではわかりにくいものです。口臭の原因のほとんどは口腔内に原因があると考えられていますので、口臭が気になる方は歯科でご相談くださいね。

梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック