歯と口のトラブル

歯がしみる原因と治療法とは?

歯がしみる原因と治療法とは?

歯がしみる症状は、冷たい飲食物、甘い食べ物、または歯磨きの際にも感じる場合があります。歯がしみる原因とその対処法についてご説明します。

目次

歯がしみる主な原因

歯がしみる

歯がしみる原因は様々ですが、いくつかの原因についてご説明します。

1. 歯のエナメル質の摩耗

エナメル質は歯の最も外側にある硬い層で、歯を様々な刺激から保護しています。しかし、酸性の食品や飲料、過度なブラッシング、歯ぎしりなどによりエナメル質が少しずつ擦り減ってしまうと、歯の内部である象牙質が露出します。象牙質には微細な管(象牙細管)があり、これらが冷たい、温かい、甘い、または酸性の刺激に反応し、痛みやしみる感じを引き起こします。

2. 歯茎の退縮

歯肉の退縮は、歯茎が少しずつ減っていき、歯肉線が下がって、通常は保護されている歯根の部分が露出する状態を指します。歯根にはエナメル質がなく、歯の象牙質は柔らかく刺激に対して非常に敏感です。歯肉の退縮は、歯周病、強すぎるブラッシング、または歯茎に対する物理的な刺激によって引き起こされることがあります。

3. 歯のひび割れや詰め物の劣化

歯にひびが入ると、外部の刺激が歯の内部に侵入しやすくなり、神経が反応して痛みやしみる感じを引き起こします。これは、噛む力が強すぎる、硬いものを頻繁に食べる、歯ぎしりや食いしばりの癖、または長年の使用による詰め物の劣化などによって発生することがあります。

4. 冷たい飲食物への反応

歯がしみる最も一般的な原因の一つは、冷たい飲食物への反応です。これは、エナメル質が擦り減って薄くなっている場合や、歯茎の退縮によって象牙質が露出し、象牙細管を通じて刺激が歯の神経に伝わることによって起こります。特に氷水やアイスクリームなど、非常に冷たいものを口にした時にしみる感じが現れやすいです。

これらの原因を理解し、適切なケアをすることで、歯がしみる問題を軽減または予防することができます。

歯がしみる原因を診断する際のプロセス

歯の治療

歯がしみる原因を診断するプロセスは、患者さんの症状の詳細な説明から始まります。以下に、歯科医師が行う一般的な診断プロセスをあげます。

1. 症状の確認

患者さんの自己申告

歯科医師はまず、患者さんから痛みやしみる感じの症状、その発生状況や頻度について詳しく聞きます。これにより、症状の特徴と可能性のある原因についての初期的な理解を深めます。

2. 口腔内の全体的な検査

視診

歯科医師は口腔内の全体的な健康状態を確認するために、歯、歯茎、顎の関節などを詳細に視診します。

触診

歯や歯茎を優しく触って、異常がないか、特に敏感な部分がないかを確認します。

X線検査

歯や顎の骨の内部構造を詳しく調べるために、レントゲン撮影を行います。これにより、虫歯、歯のひび割れ、炎症の有無、歯の根の状態、歯槽骨の状態なども確認できます

3. 詳細な歯の評価

歯の摩耗やひび割れの確認

歯科医師は、歯の表面に摩耗やひび割れがないかを確認します。これらはしみる感じの原因になり得るため、特に注意深く検査されます。

既存の詰め物やクラウンの評価

詰め物やクラウンが適切に機能しているか、またはこれらが原因で問題が発生していないかを評価します。

4. 診断と治療計画の立案

歯科医師は、これらの検査結果を総合的に評価し、歯がしみる原因を特定します。原因に応じて、適切な治療方法を提案し、治療計画を立案します。これには、自宅でのデンタルケアの内容、フッ化物治療、歯の修復、その他の専門的な治療が含まれる場合があります。

歯がしみる時に自宅でできる予防とケア

デンタルケア

歯がしみる場合に自宅で行える効果的な予防とケアの方法をいくつかご紹介します。

1. 正しいブラッシング方法の実践

柔らかい歯ブラシの使用

毛先の硬いブラシよりも柔らかい歯ブラシを選び、歯磨きの際に歯や歯茎を傷つけないようにしましょう。

優しいブラッシング

歯ブラシで歯をゴシゴシと強く磨きすぎると、エナメル質が摩耗したり、歯茎が後退する原因になります。力を抜いて優しく円を描くようにブラッシングしましょう。

2. 歯科医院での推奨製品の使用

フッ化物入り歯磨き粉

フッ化物はエナメル質を強化し、歯がしみるのを防ぐのに役立ちます。フッ化物入りの歯磨き粉を使用しましょう。

感受性の低減を助ける歯磨き粉

歯がしみる知覚過敏の問題に特化した歯磨き粉も市販されています。これらは歯がしみる問題を低減するのに有効です。

3. 食生活の見直し

酸性食品や飲料の摂取を控える

酸性の高い食品や飲料はエナメル質を溶かしてしまうことがあります。これらの摂取を控えてエナメル質を守り、歯がしみるリスクを減らしましょう。

砂糖の摂取を減らす

砂糖は虫歯の原因となり、虫歯になってしまうと結果的に歯がしみる原因にもなります。砂糖の摂取を控え、歯の健康を保ちましょう。

4. 口の乾燥を防ぐ

十分な水分摂取

十分な水分を摂ることで口の中を潤し、唾液の生成を促進します。唾液には洗浄作用や抗菌作用がありますが、特筆すべきは歯のエナメル質から溶け出したミネラルを歯の表面に再度取り込む再石灰化があることです。再石灰化によってごく初期の虫歯を修復します。

5. 歯ぎしりの予防

ナイトガードの使用

夜間の歯ぎしりが歯がしみる原因である場合、ナイトガードと呼ばれるマウスピースを使用することで歯を保護できます。

6. 定期的な歯科健診

定期健診

定期的に歯科健診を受け、歯や歯茎の健康状態をチェックしてもらいましょう。虫歯や歯周病などの歯の異常の早期発見・早期治療が可能になります。

これらの自宅でのケアと予防策を実践することで、歯がしみる問題を軽減し、口腔内の健康に繋がります。

歯がしみる場合の歯科医院での治療法

歯がしみる場合に適用される専門的な治療法は、原因に応じて様々です。ここでは、一般的な治療法をいくつかご紹介します。

1. フッ化物塗布

フッ化物ゲルやバーニッシュ**:歯科医院で行われるこの治療は、エナメル質を強化し、歯の敏感性を減少させるのに役立ちます。フッ化物は、象牙質の小さな管を塞ぎ、外部刺激が神経に到達するのを防ぎます。

2. デンタルボンディング

露出した歯根に対する処置

歯肉の退縮によって露出した歯根部分をレジン(樹脂)で覆うことで敏感部分を保護します。

3. 詰め物・被せ物

歯の修復

ひび割れた歯や大きな虫歯が原因で歯がしみる場合、詰め物や被せ物による修復が必要になることがあります。これにより、歯を保護し、外部の刺激から守ります。痛みの程度によっては神経を取る処置が必要な場合もあります。

4. 歯肉移植

歯肉の退縮の治療

歯茎が後退し、歯根が露出している場合、他の部位から歯茎の組織を移植して歯根を覆う治療が行われることがあります。

5. 根管治療

歯の内部の問題の解決

歯の内部(歯髄)の感染や炎症が歯がしみる原因である場合、根管治療が必要になることがあります。この治療では、感染した歯髄を取り除き、歯の内部を清掃し、充填します。

6. 顎関節に対するアプローチ

歯ぎしりや顎の問題の対処

歯ぎしりや顎関節症が原因で歯がしみる場合、顎関節の調整やナイトガードの使用が推奨されることがあります。

これらの治療法は、歯がしみる原因や個々の症状に応じて選択されます。歯がしみる問題に対処するためには、まず歯科医師による適切な診断が必要です。歯科医師は、患者さんの具体的な状況に最適な治療法を提案し、実施します。

歯がしみる原因と治療法に関するQ&A

歯がしみる主な原因にはどのようなものがありますか?

歯がしみる主な原因には、歯のエナメル質の摩耗、歯茎の退縮、歯のひび割れや詰め物の劣化、冷たい飲食物への反応があります。エナメル質の摩耗は、酸性の食品や飲料、過度なブラッシング、歯ぎしりによって起こり、象牙質が露出して刺激に敏感になります。歯茎の退縮は、歯肉が下がり歯根が露出することで刺激にさらされます。歯のひび割れや詰め物の劣化は、外部からの刺激が神経に到達しやすくなるため、しみる感じを引き起こします。冷たい飲食物への反応は、これらの条件が原因でしみる感じが現れやすくなります。

歯がしみる時に自宅でできる予防とケアにはどのようなものがありますか?

自宅でできる予防とケアには、正しいブラッシング方法の実践、歯科医院での推奨製品の使用、食生活の見直し、口の乾燥を防ぐこと、歯ぎしりの予防、定期的な歯科健診が含まれます。柔らかい歯ブラシの使用と優しいブラッシングは、エナメル質を保護します。フッ化物入り歯磨き粉や歯のしみをケアする歯磨き粉の使用、酸性食品や砂糖の摂取を控えることも重要です。さらに、十分な水分摂取で口の乾燥を防ぎ、ナイトガードの使用で歯ぎしりを予防し、定期的な歯科健診で歯のトラブルの早期発見・治療を行います。

なぜ定期的な歯科健診が重要なのですか?

定期的な歯科健診は、虫歯や歯周病などの歯の異常を早期に発見し、早期治療を可能にするために重要です。歯科医師による定期検診では、歯や歯茎の健康状態がチェックされ、問題があれば適切な治療が提案されます。早期発見により、より簡単で効果的な治療が可能となり、歯がしみる問題や他の口腔内の健康問題を予防または軽減することができます。定期検診は、長期的な口腔健康を維持するための重要なステップです。

まとめ

歯がしみる場合は、原因を理解して適切な対処をすることで、その症状を軽減または解消することが可能です。毎日のオーラルケアの見直し、食生活の改善、定期的な歯科健診の受診など、自宅でできる簡単な予防策から、歯科医院での専門的な治療まで、幅広い選択肢があります。歯がしみる症状に悩まされている場合は、まずは歯科医師に相談し、原因や症状合った治療法を見つけましょう。

この記事の監修者
医療法人真摯会 梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科
院長 竹田 亮

2007年 国立長崎大学歯学部卒業。

▶プロフィールを見る

梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック