審美歯科

ホワイトニングは欠けた前歯にも効果ある?

ホワイトニングは欠けた前歯にも効果ある?

欠けた前歯をホワイトニングで白くすることは可能でしょうか。今日はホワイトニングについての知識や、欠けた前歯を美しい白さにする処置について詳しくご紹介いたします。

ホワイトニングとは

では、歯科医院で行うホワイトニングとはどのようなものでしょうか。ホワイトニングは虫歯や歯周病などにより健康増進の目的ではなく、審美的な目的で治療をします。そのため、保険適用ではなく、自費治療の扱いとなります。主に下記の二種類のホワイトニングを行います。

  • オフィスホワイトニング(当院では行っておりません)
  • ホームホワイトニング

オフィスホワイトニング(当院では行っておりません)

国家資格を持つ歯科衛生士がクリニックで施術するホワイトニング

  1. 歯にクリーニングを行う
  2. 過酸化水素を主成分とした薬剤を歯の表面に塗布
  3. 光を当てて短時間で歯を白くする方法

ホームホワイトニングと比べて早く白い歯を手に入れることができるメリットがあります。

ホームホワイトニング

トレー(マウスピース)に薬剤を入れ自宅でご自身で行うホワイトニング

  1. 歯科医院で歯並びの型を取る
  2. やり方について歯医者さんで指導を受ける
  3. 過酸化尿素を主成分とした薬剤入りトレーをはめる
  4. 毎日行うことで長期的に歯を白くする方法

オフィスホワイトニングと比べて即効性はありませんが、象牙質までしっかりと浸透するため、白さを長く保つメリットがあります。

ネイルショップやサロンで無資格者のもと行うホワイトニングをセルフホワイトニングと呼びます。重曹やポリリン酸を主成分としている薬剤で、費用が歯科医院に比べて安いというメリットがありますが、薬剤が歯茎に付いて炎症などのトラブルが起きた際の安全性、薬剤の効果に疑問が残ると言われています。

参照先:NHS

欠けたり神経のない前歯を白くする方法とは

むし歯や事故などの外傷で前歯の神経を治療した場合、その前歯にホワイトニング治療で白くすることは難しいです。天然の歯には効果的ですが、人工物(インレー・クラウン・インプラント)が入っている部分についてホワイトニングは効果がありません。では、どうすれば神経を失くした前歯や、人工的な歯を白くすることが可能でしょうか。

神経のない歯を白くするには?

神経のない歯に治療を行った後に、歯の黒ずみはよくあるケースです。神経を抜いた際に必要な根管治療を行っても、神経組織の取り残しや出血部分が残っていれば、時間経過につれ、前歯が変色します。お口の中の神経のない歯の白さを修復したいと考えるならば、セラミック治療をおすすめします。

ラミネートべニア

  • 前歯の表面を少し削り、付け爪のように接着剤で白いセラミックを貼る治療法
  • ただし神経のない歯には行わないことが多い

セラミッククラウン

  • 前歯を削り、新たな白いセラミックの被せ物をかぶせる
  • こ神経のない歯でも可能です

保険適用内での治療と異なり、白さを長く保つことが可能です。セラミックは経年劣化しない材質です。

いずれも保険適用内ではなく、自費治療となるため料金はかかります。また、健康な歯を削る処置を行うため抵抗がある患者様、痛みやしみるなどの症状が出る患者様もおられます。

当院では行っておりませんが、歯のマニキュア・パワーブリーチ・スカルプチャーなど他の方法もあります。その処置にもメリット・デメリットはありますので、ご希望ならばそれを行っている医院をご確認ください。

まとめ

歯科で定期的に検診を受診することは、進行している虫歯や歯周病の発見のみではなく、綺麗な状態で予防できます。定期通院していれば口腔内のどこに注意して歯磨きを行えばよいか等より具体的に教えてもらえ、神経を失う状態に陥ることはありません。歯茎や歯が黒く変色していて気になる場合やホワイトニングをご希望ならば、審美歯科のある歯科医院を受診し、スタッフへご相談ください。

参照先:Boston University

梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック