審美歯科

審美歯科とはどういう治療のことをいうの?

審美歯科とはどういう治療のことをいうの?

審美歯科は歯や口元を美しくする歯科治療のことで、歯の色や形、歯並び、歯茎などを審美的に美しく整えます。

審美歯科とは

審美歯科は歯や口元の美しさに焦点を当てて総合的な歯科治療を行います。

一般歯科では虫歯や歯周病といった歯の病気の治療や、歯を失った場合の機能回復などの治療を行いますが、審美歯科ではこれらの目的に加えて審美性を良くするということを大きな目的として治療を行います。

審美歯科では歯の形や色、歯並びといったお口周りの美的な要素を整えながら、お顔全体を美しく見せるという観点での歯科治療を行い、歯の材質としてはオールセラミック、オールセラミックなどを主に使用し、保険のきかない自費診療となります。

セラミック治療

セラミッククラウン

虫歯治療で歯を大きく削った場合に歯にすっぽり被せる被せ物(クラウン)をセラミックで作製する治療です。差し歯とも呼ばれます。

保険治療のプラスチック(レジン)でも白い被せ物は出来ますが、レジンと比べるとセラミックの被せ物は天然の歯に似た自然な色調で作ることが可能で、美しい仕上がりに出来ます。

金属アレルギーでメタルフリーの治療をお考えの方も、セラミックならアレルギーを起こしませんので安全です。

セラミックの種類

セラミックには種類があり、当院でよく使われるのは以下のような種類です。

  • ジルコニアセラミック
  • オールセラミック
  • セレッククラウン

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドの素材であるジルコニア・セラミックの表面にセラミックを焼き付けて作製します。天然歯の繊細な形や色調を歯科技工士が手で作り出すため、当院では最も美しく見栄えの良いクラウンを作ることが出来ます。

オールセラミック

セラミック100%の素材で作製します。天然歯と同じ色調の透明感のあるきれいなクラウンが作製出来ます。

セレッククラウン

セレックというCAD/CAMコンピューターを使って製作しますので、セラミックでありながら費用が抑えられます。変色しにくい、表面に歯垢がつきにくいというセラミックの特徴ももっています。

セラミック矯正とは

歯並びのデコボコをきれいにする目的でセラミック治療をする場合はセラミック矯正とも呼ばれます。歯を動かして歯並びを整える矯正と比べると、セラミック矯正は歯を削らなければならないというデメリットがありますが、治療期間が短く済むというメリットがあります。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアは被せ物とは違い、前歯の表面を薄く削ってセラミックの薄いチップを貼り付ける治療法です。

ホワイトニングでは白くなりにくい、神経を抜いた歯や、薬品による歯の変色の場合は、ラミネートベニアを前歯の表面に貼り付けるのが効果的です。

また、前歯の間に僅かな隙間がある方も、ラミネートベニアを貼ることで目立たなく出来ます。

歯のクリーニング

エアフロー施術中

色の濃い食品を摂取すると、少しずつ歯の表面に色素が蓄積して着色されます。歯の着色汚れを落として本来の歯の色にし、歯の表面の歯垢や歯石を除去するのが「歯のクリーニング」です。

歯のクリーニングは主に歯科衛生士によって専用の器械を使って行われ、歯の着色汚れだけでなく、毎日のセルフケアだけでは落としきれない歯垢や歯石も除去することが出来ます。

3ヶ月に1回程度の頻度でクリーニングを受けていただくと、新たに歯石が出来る前にきれいに出来ますので、虫歯や歯周病の予防という意味からも、継続してクリーニングを受けることをお勧めします。

ホワイトニング

歯のクリーニングでほぼ歯本来の色に戻すことが出来ますが、歯のホワイトニングを受けていただくと、もっと白くすることが出来ます。

ホワイトニングはオフィスホワイトニング(歯科医院でのホワイトニング)とホームホワイトニング(セルフでのホワイトニング)に分けられ、それぞれに特徴があります。

市販されているホワイトニング剤もありますが、安全性を考えるとホワイトニング用の薬剤も歯科医院でお買い求め頂くことをおすすめします。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

ホワイトニングの比較

まとめ

審美歯科のイメージ

審美歯科ではお口周りの見た目の改善を大きな目的としますが、魅力的な笑顔といった見た目の部分だけでなく、しっかりと噛めるという本来の歯科診療の目的も叶える治療を行います。審美歯科に興味を持たれた方は、まず歯の気になる部分を担当医にご相談ください。いくつかの選択肢の中から検討し、美しい口元を目指しましょう。

梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック